読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blue Bride

新婚1年生、ゆとりだよ

婚姻届を提出するまでのエピソード。全然重たい儀式ではなかった!

結婚準備

f:id:takitatenogohan:20160620101531j:image

▶▶婚姻届は、友人が証人になってよいのです!

結婚を夢見るみなさん。

役所に婚姻届を提出し、受理されたら夫婦として認められます。

 

わたし自身、この結婚することをとても重たいことだと思っていました。

しかし!すごい事務的だったので、

「きゃー、わたしたち夫婦になったのね♡」なんていうこともなく、

ドキドキを返してほしいと思ったくらいあっさりしていました・・・。

 

そんな婚姻届の提出までのエピソードです。

 

婚姻届を出すために必要なモノ

結婚が決まったら、婚姻届だけでは入籍できないことがあるので

必要なものを前もって準備しましょう。

 

①婚姻届

わたしたちは、ゼクシィのピンクのものを使いました!

おそらくどこの役所でも使えると思いますが、

気になる場合は提出先の役所に問い合わせてみてください。

最近は、オリジナリティあふれる婚姻届を購入できるようですね!

konin-todoke.com

また、ご当地婚姻届もあるみたいです。

結構かわいいですよ!

www.recruit-mp.co.jp

 

わたしも最初はかわいいもの〜〜と思って探していましたが、

あとあと手続きが終わるとお金をかけて婚姻届を買う必要はないな〜と思いました。

手元に残りませんしね。

記念保存用もそのうち見なくなるだろうという、冷めた感想です。

 

②戸籍謄本

地方出身者は要注意だと思います。

本籍が異なる場合、戸籍謄本が必要になります。

なので、入籍日を決めたら早めに戸籍謄本を取り寄せてください。

 

③印鑑

三文判はNGですが、朱肉を使うタイプのものであれば

なんでもOKのようです。

苗字が変わる方は、旧姓のものになります。

ちなみにわたしは、お母さんが下の名前の印鑑をつくってくれたので

それを使用しましたが、問題なかったです。

 

④本人確認の証明書とマイナンバーカード

運転免許証でOKです。

マイナンバーも手続き上必要になりますし、

苗字が変わる方は、そのあと氏名等の変更手続きをしてもらいます。

 

 

友人でOK!証人欄には事前にサインをしてもらいましょう!

婚姻届の左側は、結婚をする本人たちの情報を記入します。

書き方が不安なときは役所の人が教えてくれるので

事前に聞きに行くといいと思います!

 

右側は証人欄です。

保証人じゃなくて、証人です。

証人になれるのは、

20歳以上の成人で、2人の結婚を知っている人であれば誰でもいいのです。

www.mwed.jp

 

ここで論争になるのは、両親に頼むのか、友人に頼むのか

というところだと思いますが、

わたしたちは友人にお願いしました。

理由は、両親がどちらも遠方に住んでいることと、

友人に書いてもらった方が、気軽だけど認められた感があって嬉しいと思ったからです。

 

彼側はすんなり決まったのですが(ちなみに外国人です)、

わたしの方が決まらない・・・

ひとり目は、「そんな責任あることできない・・・」と言われ、

いつも遊んでいた仲だったのでショックでした。

 

ふたり目は、「え?普通両親じゃないの?」と言われ、

結局OKしてもらったのですが、

逆に彼女の結婚式で余興をお願いされたのを断ったので

婚姻届にサインすることを押し付けてしまったように考えてしまい

お互いWIN-WINにならないなら気持ちよくないので数日後に断りました。

あと”普通親だよね?”といわれるのもずっとひっかかって嫌でした。

 

3人目にて、「いいの!?わたしでいいの?いいよー!!」

と快くOKしてもらいました!!

あぁ本当にこの子と友達でよかったと思います・・・泣

 

もし、友達から婚姻届のサインを頼まれたら、さらりと書いてあげてください。

離婚したからといって、サインをした友達に悪影響があることはありません。

わたしのせいで離婚したら、とか、責任重大なんて思わなくていいのです。

結婚する事実を知っているならサインしてあげてください。

 

ちなみに間違っても大丈夫です!

わたしたちも(だけでなく友人たちも)間違えすぎて訂正だらけですが、

所詮書類なので、受理されればOKです。

修正の仕方は、二重線で消して修正する文言を書いたら、

印鑑を枠外に押します。

訂正線の上には押さないのでご注意を。

 

 

そして念願の提出・・・なのに、あっさりしすぎて実感がわかない。

さあ、いよいよ提出です!

大安など良い日は、混む可能性があるので

時間に余裕を持っていきましょう!

 

いざ、手続きを開始し、

担当者が「では処理しますので次は住民課が呼びますのでお待ち下さい」

と言われ待っていると、

住民課の方が来て、新しい住民票の受け取りについて話をしてくれたのですが

ついでに「もう婚姻届の受理は済んでいますので・・・」

さらりと住民課に案内されました・・・

 

おめでとうございまーす!!(パチパチ)はないのか!!

期待していたわたしがバカだったのか・・・

確かにあの日はカップルも多かったけども、

手続きはあくまでも手続きです。

事務的なので、浮かれた気持ちなど一切わかずに終了しました。

 

地方だったら違うのでしょうか・・・?

そのあとの住民課の態度があまり好きではなかったためイライラ・・・

嬉しさよりも最後はモヤっとしました。

 

結局、こちらは浮かれていても、役所は仕事ですものね。

 

そんな感じで晴れて夫婦に!

とはいえ、ずっと一緒にいるし、同棲期間も長いので

何も変わりません。。。

免許証や銀行の氏名変更で新しい苗字で呼ばれるたびにびっくりします。

 

感想、結婚なんて重くない。

正しくいえば、手続きは重くない!

たぶん、大変なのは結婚式の準備でしょうね。。。

そんなもんでした!