読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blue Bride

新婚1年生、ゆとりだよ

ハワイ旅ログ②〜ダイヤモンドヘッドで朝日を見る〜

ハワイ 海外観光スポット 海外アクティビティ

▶▶オアフ島のパワースポット!

ダイヤモンドヘッドでハイキング☆

 

ずっと遠くから眺めていたダイヤモンドヘッド。

もし時間があるならトライしてみてほしいのがハイキング!!

オアフ島のパワースポットでもあるダイヤモンドヘッドは登ることができます。

 

日本にいても山に登らないわたしですが、

これは滞在中で一番楽しかったかもしれない!

迷っている方はぜひ参加してみてください。

 

さて、わたしたちは「ダイヤモンドヘッドでご来光を見るために

早朝登山に挑みました。

 

行き方は、タクシーやバスなどの交通機関を利用するか、ツアーに参加します。

ツアーに参加すると、内容によってはカイルアタウンに行けたり

朝食付きのツアーに参加することもできます。

各旅行会社やツアー会社で取り扱ってるので調べてみてください。

 

わたしたちは、バスを使っていきました。

ホテルが割とダイヤモンドヘッドに近いところだったので、

バスに乗っている時間は15分ほど。

わたしたちは、The Busの2番線に乗りました。

 

ちなみに、登山のゲートは6時から開門するので

それに合わせてスタートできるように早めに出発!

バスに乗ったのは5:30くらいかな(眠い)

 

バスの中はガラガラ。

そりゃあ早朝だものね。

まだまだ周りは真っ暗で、オレンジ色の街頭がぽつぽつと光っているくらい。

 

ダイヤモンドヘッドに一番近いバス停に着くと

運転手さんが「ここだよ〜、あそこ行って曲がってまっすぐ〜」と

教えてくれました。親切だ♡

 

バス停からゲートまでは10分ほど歩きます。

 

暗い道を進んで行くと、

f:id:takitatenogohan:20161218172204j:image

ダイヤモンドヘッドのモニュメントがありました。

ここからまた歩く〜〜〜

 

遠くには街の明かりが!

f:id:takitatenogohan:20161218172410j:image

 

まだ、月も出ています。

明るいし、まぶしい。

f:id:takitatenogohan:20161218172425j:image

わたしのデジカメも捨てたもんじゃないな〜〜♪

 

月も太陽も見れるなんて、不思議な感覚ですね。

 

ちなみに、ずんずんと登って行く途中で

ツアーのバスや車が列を成していました。

それを追い越して、登山のゲートに到着!

f:id:takitatenogohan:20161218172452j:image

暗い・・・

 

到着したときは開門5分前ほどでしたが、

すでに10名ほどの外国人観光客がいました!

こういうのって外国人すばやい

 

そして6時に開門!!

各馬一斉にスタート〜〜〜といったように、一番乗りを目指してみんな早歩き!!

むしろ若干ダッシュ!

バスで一緒になった日本人のおじさんグループが早くてすぐに見失った・・・

もうここから戦いは始まっています!

 

ここからは必死に歩いていたので、写真なしです。

文字ばかりですみませんが、お付き合い下さい・・・

 

トンネルを抜けると、真っ暗な道をどんどん進みます。

5分ほど歩くと発券所がり、入山料を支払います(1ドル/1人)

ここで車やツアーバスも同時刻にスタートしており、

この発券所あたり一帯が駐車場なので、ツアーの場合はここからスタートになります。

 

しかし、日本人ツアー客に闘争心を燃やしたわたしたちは

早足で20人ほどをごぼう抜き!

ほぼ先頭集団になりました。

とにかく早く着いて休憩したかったのと、

頂上でいいポジションを取りたかったのでずんずん進みます。

 

さて、ダイヤモンドヘッドの早朝ですが

ほぼ街灯はありません。真っ暗な道が続きます。

登山用に道が舗装されているところもありますが、

ほとんどがでこぼこしていたり、急な階段があるので

絶対にスニーカーで行ってほしいです。

 

登山時間は約30〜40分くらいでした。

急いだので早い方だと思いますが、無理せずに登ってください。

頂上付近になると、山道だ!と思わせるヘアピンカーブが続きます。

 

そして、この心臓破りの階段!!

f:id:takitatenogohan:20161218172525j:image

帰りに撮りました。帰りに下るのも怖かったです。

暗闇でもわかる急斜面。

みんな必ず「え?」と言うほど・・・

ひたすら登ったあとのこれが太ももに効く!!

筋肉痛になるかと思いました。

 

そしてわたしたちは10番以内に到着!!

頂上からの眺めはこんなかんじ。

f:id:takitatenogohan:20161218172549j:image

ワイキキビーチを見下ろしています!

まだ時刻は7時前。

街灯しか見えなかった暗闇から、すこしずつ街並が現れていきます。

すこしずつすこしずつ・・・

 

人も増えていきます。

ずっと頂上の頂上のようなところにいたのですが、

追い越したツアー客や他の登山者でとんでもない人の量になっていきます。

早く来てよかった・・・

 

そして、待ちに待ったご来光・・・!!

f:id:takitatenogohan:20161218172622j:image

f:id:takitatenogohan:20161218172647j:image

f:id:takitatenogohan:20161218172731j:image

朝日が煌々とし始めたとき、登山客からは歓声があがり拍手がわき起こりました。

だんだんと顔を出す太陽は、まっすぐ登山客を照らします。

 

元旦にも朝日を見ることはないし(東北なのでいつも吹雪く)、

富士山も登ったこともないし、

そもそも山に登ろうと思わないし・・・

まして、早朝に起きることもなかなかない。

 

でも、旅行中に出るアドレナリンを使って早起きをして、登ったかいがありました。

まぶしくて、あたたかい光。

初めて見るご来光にたくさんのパワーをもらいました。

ああ、来てよかったなと素直に思った瞬間です。

登山者の「そこに山があるから登る」というのをひしひしと感じた時間でした。

 

ばしゃばしゃと写真を撮って満足したら下山します。

f:id:takitatenogohan:20161218172756j:image

ここがトップオブトップ。月がまだ残っていました!

 

さきほどの急な階段をくだりずんずんとまた歩いていきます。

 

途中でいい感じのフォトスポットを発見!!

ご来光と2ショット。

f:id:takitatenogohan:20170214001343j:image

逆光が、なんかおしゃれ笑

 

明るくなるとどんな道を歩いてきたのかがわかります。

f:id:takitatenogohan:20161218172923j:image

結構ぼこぼこ!!

 

f:id:takitatenogohan:20161218172950j:image

発券所に近くなると、舗装されていますね!

 

f:id:takitatenogohan:20161218173014j:image

映画の舞台のような広大な土地・・・

真っ暗でなにも見えませんでしたが、

帰りはこんな景色だったんだ〜とじっくり眺めながら帰ってきました。

 

このあとは、またトンネルを通って来た道を戻り

バス停を見つけてホテルに戻りました。

いい運動だった!

 

 

さて、この登山に持って行ったもの、着たもの。

・水分

・甘いもの(アメやグミがあると元気になりました)

・上着(日が昇るまではちょっと寒かったです)

スマホ(細々ですが、ライトとして使えるので歩きやすくなります)

・カメラ

・入山料

・スニーカー

 

服装は、動きやすいものがいいです。

女性でもパンツ系を履いたほうが無難です。

わたしは、ハーフパンツにTシャツ、

ランニング用の上着(薄手でかわいいので)で行きました。

虫に刺されやすいのですが、刺されることもなかったです。

 

ツアーと自力だったら・・・

ツアーは楽だけど、自力のほうが自由です。(当たり前か・・・)

というのも、ツアーは集合時間があるので、

お客さんの中にはダッシュで帰る人も・・・

急いで帰ると危ないしゆっくりできない、

あと頂上に着くのが少し遅くなるので場所取りが難しくなる、

というデメリットがあると思いました。

 

英語に自信がなくても、バスさえクリアすればあとは一本道なので

前の人についていけばOK。

帰りは、疲れてバス停まで戻りたく無かったら

発券所付近でタクシーが止まっているので利用するのもあり。

ただし、ツアー客よりも歩く距離が長いので疲れやすいです・・・

 

登った感想は、

思った以上に大変だった。

登山はほぼしたことがないのですが、

早歩きで登って行くと結構疲れました・・・

争っちゃだめだね笑

でも早くいく価値あり!!

それでも登ってよかったです☆

 

個人的には、朝日を見て欲しい!!

早朝という爽快感も去ることながら、ほんとうにご来光はきれいです。

昼間に行く方もいると思いますが

自力で行っても2〜3時間程度なので、

詰め込みタイプであればとても有意義な一日を過ごすことができます。

 

海もステキなハワイですが、

あまりお金がかからないのもこの登山のいいところなので

あまり長期間滞在できなくても想い出を残したい〜〜とか、

お金がなくてもなにか遊びたい〜〜〜!!と

考えている方は、ぜひ登ってみてください♪