La la lan 海外滞在記-マレーシア1年生-

結婚3年目、ゆとりでミーハー、マレーシアなう

【マレーシア生活】Hari Raya体験!マレーシア人のお宅訪問

お正月かな、断食明けは国を明けでフィーバー!

f:id:takitatenogohan:20190608112306j:image

カラフルなバジュクロン。一着ほしい…

 

長い断食が明けました!

1ヶ月もの間、日が昇っている間は食べてはいけない…

ラマダンの時期にマレーシアにやってきました。

そのため、街中も空いていたり

閉まってる食事処も多いようです。

 

そんな貴重な時期を最初に体験できたのですが、

さらにラッキーなことが。

 

断食明けに ハリラヤ があります。

日本のお正月のようなもので、祝日になります。

もちろん会社も休み!

(前日は午後から半休になりました!)

その週はまるっとおやすみして

帰省したり、家族で過ごす方も多いのです。

 

そんな祝日に何もすることがなかったのですが

去年マレーシアを旅行した際に

偶然知り合った友人に誘われて

マレーシアの一般家庭のハリラヤに行くことになりました!

せっかくだから行くしかない!と思い、

のこのこついていくことにしました。

 

 

ローカルな雰囲気に、気分はホームステイ

クアラルンプールから電車と車で1時間半ほどかかったでしょうか…

招待してくれた方が

緑豊かな小さな村にやってきました。

聞けば親戚の家が並んでいるんだとか。

 

そして到着。

恐る恐るお邪魔しました。


f:id:takitatenogohan:20190608112333j:image

お邪魔したお家。

バジュクロンと呼ばれる民族衣装で

みなさん集まっていました。

 

このハリラヤで新調するのですが、

家族ごとに色を揃えて買うらしいです。

ピンクかわいいなぁ。


f:id:takitatenogohan:20190608112321j:image

リビング?に通してもらい、

まずはお菓子をジュースをつまむ。

一種類ずつ、便に分けられているので

なんかおしゃれ。

このお菓子セットが各テーブルにありました。


f:id:takitatenogohan:20190608112318j:image

このゼリーのようなものは

(もちろんゼリーではないのですが)

日本のお仏壇に備える、食べれるフィルムがついたゼリーのよう!

懐かしい味です。


f:id:takitatenogohan:20190608112326j:image

これって、でんろくまめ…?

やめられない止まらないです。

買ってきたお菓子もありますが、

妹さんたちが作ったというお菓子もあり

これだけでお腹いっぱいになりそう。

 

時々、親戚の方々が挨拶に来てくださりますが

男女の握手はNGなようで

女性の親戚の方々と握手。

握手のあとに、手をそっと胸に置くのが

挨拶と教えてもらいました。

 

そして、ご飯できたよーということで

ダイニングへ。


f:id:takitatenogohan:20190608112329j:image

ビュッフェスタイルです。


f:id:takitatenogohan:20190608112315j:image

ご飯はココナッツミルクが入っているらしく

少しもちもちした食感。

ちまきのようなものもあります。

カレーもチキンも、全部おいしい〜♪

これがお母さんの味が〜と噛み締めます。

おかわりして、お腹いっぱい…


f:id:takitatenogohan:20190608112309j:image

ご飯を食べていると飼い猫がぞろぞろやってきます。

イスラム教は犬は不浄なので、猫のほうが飼われるようです。

(でも招待してくれた子は、柴犬が好きなようで待ち受けにしていました)

 

お腹もいっぱいになったので、

庭に出てみました。

f:id:takitatenogohan:20190608112312j:image

マンゴスチン??


f:id:takitatenogohan:20190608112348j:image

これはドリアンの木。

20年以上あるようでとっても立派!

臭くはないです。

 

マンゴーをはじめ、いろんな果物の木があるよう!

日本でいうりんごの木の感覚!

 

そしてアリに噛まれて家の中に避難。

(アゴ強すぎ!痛い…)

 

日本語を勉強している学生さんなので、

家の中には漫画があり

日本語も上手な方なので

会話にも困らず時間が過ぎるのもあっという間。

 

 

続々訪れる親戚

お菓子をつまみながらまったりお話していると

親戚の方々が続々とやってきます。

何組いるの!?というくらい続々…

バジュクロンの色で、家族を見分けられます。


f:id:takitatenogohan:20190608112351j:image

そしてみんな座ってご飯を食べ始める。

まさに田舎のお盆のようなお正月のような…

 

聞けば、この学生さんの家が本家のような感じなので

親戚が集まるんだとか。


f:id:takitatenogohan:20190608112345j:image

キッチンにはこんなにたくさんのお菓子が!

ハリラヤは2日間だけですが、

ここからおよそ1ヶ月間は、親戚が集まる期間だそう。

お盆からお彼岸のような感じでしょうか。

 

まったりしていると、お家のお父さんから

もっと食べろ食べろと言われます笑

もうお腹いっぱいだよーと答えると

 

食べて休んで食べて休んで…それが

マレーシアン カルチャーだ(キラーン☆)

と言われてしまったので

最後にもう一皿いただきました…笑

(この日は夜ごはんは食べれなかったです笑)

 

 

そして外にも猫ちゃんがいました。

f:id:takitatenogohan:20190608112337j:image

最近産まれたらしく、ちっちゃくてかわいい〜♪

ほっこり眺めていました。

 

 

手ぶらで来たのに、お土産までもらってしまった

6時間近く長居させてもらいました…

その間、家族のみなさんはお祈りをするときもありましたが、

基本的には日本語が話せる方がずっとそばについてくれて

安心してずっといられました。

 

そして帰りがけに思わぬプレゼントが…

f:id:takitatenogohan:20190608112341j:image

 

手ぶらで来たのにお菓子とまさかのお年玉!

ドゥイラヤと呼ぶそうです。

家によっても違うと思いますが、

独身までもらえるらしい…

しれっともらってしまいました…!

(たぶん多めに持ってきた家族がくれたんだと思う。)

金額は合わせてRM15。

棚ぼたに感激しながら帰りました。

 

移動は辛かったのですが、

日本のお正月のようになんだかほっこりした時間を過ごさせてもらいました。

 

お菓子はぎっしり詰まっているので

いつになったら完食できるのやら…

 

そんか貴重なハリラヤ体験でした。